高杉良の通販濃い情報

            

PRESIDENT (プレジデント) 2017年4/3号(日本人の給料・年金・貯金)

価格:690円 新品の出品:422円 中古品の出品:335円
コレクター商品の出品:1,035円
カスタマーレビュー
1億人調査で判明◎お金に困らない生き方 日本人の給料・年金・貯金 ―大図解 見えた! 上流・下流の分岐点 なぜ年収600万を超えると、貧乏になるか? ▼年収300万以下が4割、1500万以上は1% ▼あなたの「本当の市場価値=給料」を算定します ▼年金を「払った以上にもらえる世代vs置いてけぼり世代」 ▼年収1000万の2割が貯金ゼロ ▼年収別「入るといい保険、いらない保険」 コラム▼申請すれば返ってくる「お金・節税一覧」 一流ビジネスマン1000人限定「人生の勝利者」アンケート お受験組vsオール公立組、商社マンvs銀行マン、 福井出身vs東京出身……リッチなのはどちら? 都職員、仲卸、警官、自衛官、保育士 お宅と比較! 「話題の100職種」の年収公開 ▼知事より高い! 「ドン内田 茂の報酬、年金、政治資金」 コラム▼北尾吉孝「君は、1億円もらったらどうするか?」 貯金
銀行渉外担当 竹中治夫 〜『金融腐蝕列島』より〜(6) (週刊現代コミックス)

価格:1,620円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:800円
カスタマーレビュー
舞台はバブル崩壊後の日本――、協立銀行・プロジェクト推進部次長の竹中治夫は、住宅金融債権管理機構への対策を命じられる。住管機構の社長は「正義の弁護士」とも賞される高尾幸吉。住管機構は、グレー案件を多く手掛け、バブル崩壊とともに6兆の不良債権を背負った「住専」の債権回収と金融秩序の維持を名目に設立された国策会社であり、この問題には多額の血税が投入されていた。正義の味方を相手に竹中はどう銀行を守るのか?
銀行渉外担当 竹中治夫 ~『金融腐蝕列島』より~(6) (KCデラックス 週刊現代)

価格:648円 新品の出品:648円 中古品の出品:580円
コレクター商品の出品:972円
カスタマーレビュー
舞台はバブル崩壊後の日本――、協立銀行・プロジェクト推進部次長の竹中治夫は、住宅金融債権管理機構への対策を命じられる。住管機構の社長は「正義の弁護士」とも賞される高尾幸吉。住管機構は、グレー案件を多く手掛け、バブル崩壊とともに6兆の不良債権を背負った「住専」の債権回収と金融秩序の維持を名目に設立された国策会社であり、この問題には多額の血税が投入されていた。正義の味方を相手に竹中はどう銀行を守るのか
銀行渉外担当 竹中治夫 〜『金融腐蝕列島』より〜(1) (週刊現代コミックス)

価格:648円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:480円
カスタマーレビュー
1993年、協立銀行虎ノ門支店副支店長の竹中治夫は総務部主任調査役へ、突然移動することになる。平凡なサラリーマン人生を歩んできた竹中に命じられたのは、総会屋対策の「渉外担当」だった。最初の特命はなんとワンマン会長の娘の不倫トラブル隠しだという。バブル経済崩壊後の欲望渦巻く銀行のなかで、男は孤独と葛藤に揺れながら、生き残りを賭ける。時代や人に翻弄されながらも、働くことに身をささげる――
銀行渉外担当 竹中治夫 ~『金融腐蝕列島』より~(1) (KCデラックス 週刊現代)

価格:648円 新品の出品:648円 中古品の出品:121円
コレクター商品の出品:800円
カスタマーレビュー
1993年、協立銀行虎ノ門支店副支店長の竹中治夫は総務部主任調査役へ、突然移動することになる。平凡なサラリーマン人生を歩んできた竹中に命じられたのは、総会屋対策の「渉外担当」だった。最初の特命はなんとワンマン会長の娘の不倫トラブル隠しだという。バブル経済崩壊後の欲望渦巻く銀行のなかで、男は孤独と葛藤に揺れながら、生き残りを賭ける。時代や人に翻弄されながらも、働くことに身をささげる――
銀行渉外担当 竹中治夫 〜『金融腐蝕列島』より〜(2) (週刊現代コミックス)

価格:576円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:390円
カスタマーレビュー
協立銀行総務部主任調査役の竹中治夫はワンマン会長・鈴木の娘の不倫トラブルの後始末に奔走する。大物フィクサー・児玉由紀夫との折衝、総会屋対策を経て、竹中は組織を守り、行内での生き残りを賭ける。報われなくても働くしかない。あの時代、そして今を生きる人々へ贈る正しき“社畜のススメ”!!
銀行渉外担当 竹中治夫 ~『金融腐蝕列島』より~(2) (KCデラックス 週刊現代)

価格:648円 新品の出品:648円 中古品の出品:684円
コレクター商品の出品:1,999円
カスタマーレビュー
協立銀行総務部主任調査役の竹中治夫はワンマン会長・鈴木の娘の不倫トラブルの後始末に奔走する。大物フィクサー・児玉由紀夫との折衝、総会屋対策を経て、竹中は組織を守り、行内での生き残りを賭ける。報われなくても働くしかない。あの時代、そして今を生きる人々へ贈る正しき”社畜のススメ”!!
銀行渉外担当 竹中治夫 〜『金融腐蝕列島』より〜(3) (週刊現代コミックス)

価格:3,780円 新品の出品: 中古品の出品:2,222円
コレクター商品の出品:400円
カスタマーレビュー
舞台はバブル崩壊後の1993年――、協立銀行・プロジェクト推進部の竹中治夫(たけなか・はるお)は「渉外担当」として、不良債権の処理を押し進めていた。そんな中、担当する協産ファイナンスの粉飾決算と不良債権の「飛ばし工作」に気づき、首謀者の石水晃三(いしみず・こうぞう)副社長と対峙する。竹中はヤクザと繋がりのある石水を特別背任で告訴しようとするが、自宅を街宣車に囲まれてしまった。竹中は反社会勢力から、家族、そして銀行を守ることが出来るのか。
銀行渉外担当 竹中治夫 ~『金融腐蝕列島』より~(3) (KCデラックス 週刊現代)

価格:648円 新品の出品:648円 中古品の出品:5,375円
コレクター商品の出品:400円
カスタマーレビュー
舞台はバブル崩壊後の1993年――、協立銀行・プロジェクト推進部の竹中治夫は「渉外担当」として、不良債権の処理を押し進めていた。そんな中、担当する協産ファイナンスの粉飾決算と不良債権の「飛ばし工作」に気づき、首謀者の石水晃三副社長と対峙する。竹中はヤクザと繋がりのある石水を特別背任で告訴しようとするが、自宅を街宣車に囲まれてしまった。竹中は反社会勢力から、家族、そして銀行を守ることが出来るのか。
銀行渉外担当 竹中治夫 〜『金融腐蝕列島』より〜(5) (週刊現代コミックス)

価格:2,160円 新品の出品: 中古品の出品:401円
コレクター商品の出品:101円
カスタマーレビュー
1996年、週刊誌の報道を皮切りに、協立銀行横浜支店の不正融資問題が発覚する。「渉外担当」の竹中治夫は、スケープゴートにされた大島支店長に真相を問いただすべく奔走する。事件はやがて、不正を主導した鈴木会長と、行内の自浄を目指す斎藤頭取の覇権争いへつながっていく。

  繝励Ο繝輔ぅ繝シ繝ォ  PR:辟。譁僣P  邯懷粋闖雁キ晁ェ蜍戊サ雁ュヲ譬。  繧イ繝シ繝 蛻カ菴  繧ィ繝翫壹ち繝ォ  荳ュ蜿、繝帙う繝シ繝ォ 螳ョ蟠  繧ソ繧、繝、 繧ォ繝ュ繝シ繝ゥ繝輔ぅ繝シ繝ォ繝繝シ 豼螳  菫晁ご縲遏ュ譛溷、ァ蟄ヲ  DAD  鄙。鄙  迚ゥ豬√さ繧ケ繝亥炎貂  繧、繝シ繧ュ繝」繝斐ち繝ォ縲蜿」繧ウ繝  繧ソ繧、繝、 謖√■霎シ縺ソ 譏・譌・驛ィ蟶  繝舌う繧「繧ー繝ゥ 隧募愛